「町医者」として末永くお付き合い

ずっと診つづけるということ

できるだけ長い間、可能であれば一生にわたって一人の患者さんとお付き合いしていきたい。

町のかかりつけ医として、その人の「歯」を、「健康」を、ずっと診つづけていたい。

そんな想いで、ここ両国の地に開業させて頂きました。

この辺りは下町という事もあり、本当に色々な層の方に来院頂いております。

20年前の開院当時から通い続けてくれている患者さんもいらっしゃり、そんな患者さんから「先生のことを信頼しているから」などといったお言葉をいただく時、至上の喜びを感じるとともに、それこそが自分の目指すべき道であると確信するのです。

かかりつけ医として、患者さんに提供することができるメリットには何があるでしょうか。

1つは、何でも気軽に相談していただき、適切なアドバイスを受けられるということがあります。今までの病歴、アレルギーの有無、食事の好みから日頃の体調のことまで、長くお付き合いいただいているからこそ分かる情報がたくさんあります。

そうした情報に加え、今までの治療の経緯を踏まえて診査・診断をすることで、より的確な治療をすることが可能になります。

2つめは、治療だけでなく日常的な予防ケアまでサポートできる点です。

定期的に通院していただくことで、歯の治療だけでなく、ブラッシングの指導や生活習慣に対するアドバイスなど、むし歯や歯周病にならないための予防ケアまでサポートすることが可能になります。

3つめは、必要に応じて大学病院や総合病院をご紹介することが出来るという点です。

当院では、日本大学歯学部付属病院や、東京都区部全域を対象にした広域基幹病院である東京都立墨東病院、東京都江東高齢者医療センターなどと提携しており、必要に応じてご紹介しております。

また、私は地元の歯科医師会である一般社団法人東京都本所歯科医師会専務理事や、日本大学歯学部の同窓会の理事をやっていますので、そこで培った人脈もフルに活用して、患者さんがスムーズに最適な治療を受けられるようにしています。

現在は歯科の領域だけでなく、「いびき」「睡眠時無呼吸症候群」の治療、さらに感染症対策などにも力を入れています。

町のかかりつけ医として、皆さの健康維持に少しでもお役立てできるよう、常に広くアンテナをめぐらしておりますので、どうか上手に活用して、より充実した生活にお役立ていただきたいと思います。

まずはご相談ください

「歯が痛い」「歯ぐきが腫れた」「歯の矯正をしたい」「歯を治したいのだが、忙しくて時間が取れない」などのお悩みはありませんか?
当院では、一人ひとりのニーズや生活スタイルに合った治療を心がけております。