一般歯科(むし歯・歯周病)

出来る限り痛みを感じにくい治療の実現

むし歯治療や歯周病治療において、大多数の患者さんがストレス(痛み)のない治療を望んでいるということは、歯科医にとって非常に大きなテーマだといえます。

治療を諦めず、継続的に意欲と希望を持って臨んでいただくことができるように、当院ではストレス(痛み)を可能なかぎり小さくする工夫を第一に考えております。

~具体的な内容~

  • 麻酔時に電動麻酔を使用する
  • 痛みが出にくいように様々な器具を駆使し、使い分ける
  • (削らない・抜かないために)拡大鏡を使用する
  • う蝕検査液(むし歯部分を検知できる検査液)を使用する

こうした工夫と、いままで培ってきた豊富な経験とが相乗効果を起こして、患者さんとの二人三脚での治療やメンテナンスを持続的に行っていくことを可能とするのです。

メディア掲載情報

両国浅野歯科医院 副院長 浅野雅子がオレンジページ2016年11月号に掲載されました。

まずはご相談ください

「歯が痛い」「歯ぐきが腫れた」「歯の矯正をしたい」「歯を治したいのだが、忙しくて時間が取れない」などのお悩みはありませんか?
当院では、一人ひとりのニーズや生活スタイルに合った治療を心がけております。